2008年03月09日

マンスリーマンションの公共料金の取り扱いについて

マンスリーマンションで、その取り扱いが大きく異なるもののなかに公共料金があります。
電気料金を例として、お話いたします。

通常の賃貸ですと、賃貸人が電力会社に直接手続きをしますので、特に問題はありません。
ホテルなどは、宿泊料金に含まれていますし、滞在期間も短いので、これも特に問題になりません。
(ホテル側にとっても、エアコンをガンガン使う客がいても、滞在期間が短いので特に問題はありません。)


さて、マンスリーマンションですが、通常の賃貸と同様にお客さんが直接電力会社と手続きしてくれれば全く問題がないのですが、それではマンスリーマンションとしての利便性がなくなりますので、マンスリーマンションが電力会社と契約します。

(基本的に、その契約も、お客様が退室したら契約を解除して、入室したら契約しなおすといったやり方ではなく、ずっと契約しっぱなしとなります。)

そのため、いろいろな問題が生じてきます。
(具体的な内容については、別の機会に詳述します。)

そのため、マンスリーマンションは、電力会社に支払う電気料金より多い料金をお客さんから徴収しようとします。
研修など会社からの命令でマンスリーマンションを利用するとき室料金は会社負担、公共料金は個人負担という例が多くみうけられます。

このとき、個人のお客さんは、通常より余分の公共料金を負担していることになります。

管理しているマンスリーマンションの紹介

東京(新宿・渋谷)の格安マンスリーマンション

東京(渋谷・新宿)の格安マンスリーマンション

東京の格安マンスリーマンション

東京のマンスリーマンションのサイト一覧

東京(渋谷・新宿)の格安マンスリーマンション:携帯サイト

posted by マンスリーマンション at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。